水着の人

鼻の整形施術を受ける前に|治療の特徴や値段相場を知っておこう

ためらわないで踏み出そう

顔を触る人

プロテーゼの挿入に向けて

鼻の整形をしてみたいけど、値段が気になって一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。確かに美容整形手術では保険が使えず、鼻の整形の場合10万円単位のお金が必要になります。ただ、鼻の整形では半永久的に持続可能なものも多く、ずっと美しい形を維持していくことができます。生涯持続可能な美しさが手に入ると考えれば、各美容外科で設定している値段は決して高いものではありません。例えば、代表的なシリコンプロテーゼの挿入では、多くの美容外科が、30万円や35万円といった値段で提供しています。今は、化粧品や美容アイテムで肌の調子を保っていくにもそれなりの金額がかかります。そんな中にあって、30万円台の値段で手術できるのであれば十分なお得感があります。シリコンプロテーゼの手術を受けている方は現在も大勢いますが、それぞれに満足のいく形を手に入れています。月日が過ぎ去ってから後悔することが無いよう、意をけっして踏み出してみましょう。美容外科で提供しているシリコンプロテーゼの施術では、個人の希望によってプロテーゼの形を形成してから挿入されます。そのため、一人ひとりの理想をしっかりと表現することが可能となっています。また、シリコンプロテーゼにはL型とI型二つのタイプが存在しており、好みや希望によって選択可能です。L型は鼻筋から鼻下にかけて覆うように挿入するタイプで、しっかりと高さを出すことができます。そして、I型は美しい鼻筋を表現するのに向いたタイプとなっているので、医師と相談しながら適切な方を選択しましょう。シリコンプロテーゼは鼻の穴から挿入するため、術後でも傷跡が目立つことがありません。完全に傷口がふさがり患部が安定すれば、特別なメンテナンスを行うことなく維持できます。ただ、手術直後は本人が意識して注意しなければならないこともいくつかあります。入浴などは手術の翌日から可能ですが、患部への摩擦を慎重に避けなくてはなりません。術後3日程は極力鼻に触れないようにし、1週間は洗顔剤を軽く乗せお湯で流す程度に止めておくことが大切です。また、眠る際には寝相にも気をつける必要があります。特にうつぶせで寝てしまうと患部に負担がかかってしまうので、意識してあおむけで眠ることが求められます。そして、鼻の穴の傷口がしっかりと癒着するまでは鼻をかむことができません。アレルギー症状があるなら薬での対処を考えましょう。傷口がふさがり腫れが引くまでは、常に一定の意識を持って生活することが重要になります。