水着の人

鼻の整形施術を受ける前に|治療の特徴や値段相場を知っておこう

方法と費用のバランスとは

カウンセリング

容易な患部の修正法

人の体は土台を形成している骨を施術で修正する事で、手軽な整形を可能としています。骨と皮膚がほぼ隣り合わせになっている鼻は、この施術の影響が顕著出る可能性が高く、値段が安価で単純な施術として人気があります。具体的には鼻骨の除去が修正施術の代表格と言われ、鼻筋の膨らみを直線的なラインにでき、値段も10万円前後の低価格に定着しています。担当医が鼻骨の切除だけでは修正が困難という場合は、それ程の追加費用の必要もなく患部の軟骨を同時に修正して、形を整えていけます。骨の形状が整っている場合は、皮下組織の切除を行う事で膨らんでいる形状をスマートにできます。さらにこれら2つの方法を併用し、形状に斜角が入ってしまっている鼻の修正を15万円程の費用で修正できるので、医師に相談してください。反対に皮下組織と骨が足りない事で、鼻の形状が崩れている方は体の別の骨を移植しての修正が行えます。値段は凡そ30万円程に推移している場合が多く、足りない骨は耳の軟骨を使用する事例が多いので、修正後も違和感のない仕上がりになります。以上の方法で整形を行う場合、医師は整形手術法にオープン法を使用する事例が多くあります。この方法は鼻柱を切り取り、そこにメスを入れて施術を行っていくため、直接的に整形が行える特徴を持っています。そのため複合的な整形法を使用する際にも便利なので、大幅な修正を期待している方は医師に施術の可不可を診断してもらいましょう。しかし術痕を体に残したくないという方には、クローズ法を使った施術を相談してください。患部の状態によってはクローズ法を使用でき、この場合は値段と施術結果のバランスに定評のあるプロテーゼの使用が考慮できます。プロテーゼとは鼻の足りない部分を医療用の補強材でカバーする物で、値段としては施術費用込みで25万円程が必要になります。このプロテーゼは加工費用を支払えば形を変え、術後の鼻の形を把握できるので密かに人気のある施術です。クローズ法の場合鼻の穴から挿入し、オープン法の場合は眉間を切開して挿入するので全体のラインを整えられます。値段のもっと安い施術を受けたい場合は美容成分の注射施術がお勧めで、メスを使わない方法なので体に術痕も残りません。形を微調整したい時はヒアルロン酸を、大幅に手を加えたい時にはレディエッセの注射がお勧めです。値段はヒアルロン酸が1万円前後、レディエッセが4万円前後に設定され修正規模に合わせて使用が判断されます。術後再修正を希望する場合は、それぞれの値段の半額近い費用が上乗せされるため、医師の診断と自分の希望を照らし合わせて施術の決定を行いましょう。